犬 噛み癖 治す

犬の噛み癖を治す!触れなかった犬が抱っこできるまでに!

■犬の噛み癖を治す!触れなかった犬が抱っこできるまでに!

 

 

ドッグトレーナーの「のあお」です。

 

 

「ギャン ギャン ギャン」

 

ガブ! 

 

「痛いー!」

 

 

どのような状況か分かりましたか?

そう、飼い主様が、愛犬に噛まれてしまった状況です。

 

 

「子犬の頃は尻尾を振って寄ってきてくれた愛犬が

 ある時を境に人に噛みつくようになってきました。

 

 噛みつきはだんだんひどくなってきて、

 今ではおびえるような態度をとるようになりました。

 

 触ろうとすれば噛みつく、近付こうとするだけでも

 噛もうとしてくるようになってしまいました。

 

 訓練士の方に相談したら、治らないと言われてしまいました。

 もう本当に疲れてしまいました。」

 

 

このような話は、色々なところで聞くことができます。

 

 

でも本当に、触ることができなくなってしまった

犬の噛みつきを、治すことは出来きないのでしょうか?

 

 

本日は、恐怖から噛んでしまう犬の噛みつきを

治す方法をお話したいと思います。

 

 

 

巷で聞く噛みつきを治す方法とは?

インターネットや本で調べてみると、犬の噛みつきを治す方法は

 

 ・噛んできたらぐっと手を口の中にいれる

 ・「痛い」と言って手を引く

 ・おやつなどを使って噛まないといいことがあると教える

 ・マズルコントロール

 

といった方法を説明しているものがほとんどです。

 

 

恐怖から噛みついてくる犬は、本気で噛んできます。

 

 

噛んできたら手を入れる方法や、

「痛い」と言って手を引く方法は、大けがの元です。

 

 

この方法は、甘噛みの子犬なら効果がある場合もありますが、

本気で噛んでくる犬に対しては、効果は得られないです。

 

 

 

また、おやつは上手に使えば、犬の警戒心を少しずつ解いてくれます。 

 

 

けれど、恐怖から噛んでくる犬というのは、

ある種パニック状態なので、冷静な判断ができません。

そのような状況でおやつを使う方法は、飼い主様に危険が伴います。

 

 

 

恐怖心でいっぱいの犬に、マズルコントロールを行うことは、

さらに攻撃性を高くしてしまう原因にもなります。 

 

 

噛みついて来る犬に、マズルコントロールをすること自体が危険すぎます。

 

 

愛犬に噛まれることでのダメージとは?

「怖がりの愛犬が飼い主様や周りの人に

 噛みかみつくのでとても困っている」

 

 

犬が飼い主に噛みつくというのは、予想以上にダメージが大きいものです。

それは、ケガによるダメージだけでなく、飼い主様の心へのダメージもです。

 

 

今までかわいがっていた愛犬に噛まれてしまえば、

飼い主様は、また噛まれるのではと思うようになり、

心からの信頼が出来なくなってしまいます。

 

 

もちろん、犬の方も飼い主様への信頼が崩れてしまいます。

 

 

このように、噛みつきというのは、見た目のダメージ以上に、

飼い主様と犬の両方への心のダメージが大きいです。

 

 

怖がりの犬の噛みつきは、そのままにしておいても治ることはなく、

ほおっておくと、むしろひどくなっていくことが多いです。

 

 

噛みつきがひどいと、訓練士にしつけを依頼しても断られることもあります。

 

 

また、手に負えないからと里親に出そうとしても

飼い主様が手に負えない犬なのに、新しい飼い主が見つかることはありません。

 

 

保健所なら新しい飼い主が見つかるかともと、連れて行っても、

残念ながら、その犬に待っているのは、新しい飼い主ではなく、殺処分の道だけでしょう。

 

 

恐怖からくる犬の噛み癖を治す方法はないの?

では、恐怖から噛みつくようになってしまい、

触ることもできなくなってしまった

犬の噛みつきを治すことはできないのでしょうか?

 

 

答えは

『治すことができます!』

です。

 

 

触れなくなってしまった犬を、

再び抱っこできるまでに、噛みつきを治すことができます。

 

 

噛み犬を中心にしつけを行ってきた、山本卓さんのしつけDVDに、

その方法が細かく説明してあります。

 

 

その手順は、

 

①まずは警戒心をとるトレーニングをする

②犬と飼い主様の安全を確保する

③ボディコントロールをする

④体を軽くケアをする

 

 という手順でしつけを行っていきます。

 

 

これを根気よく行っていくことで、時間はかかりますが、

口輪なしで触ったり、抱っこしたりできるようになります。

 

 

恐怖から噛みついてくる犬の噛み癖を治すには、

少しずつ、少しずつ警戒心を取っていき、

信頼関係を気付いていくことがとても重要です。

 

  

怖がりから噛みついてしまう、犬の噛みつきを治せるのは飼い主様だけです。

 

 

怖がりから噛みついてしまう、犬を救えるのは飼い主様だけです。

 

 

飼い主様も愛犬も、もう一度楽しいドッグライフを送れるように

諦めずにがんばってみませんか?

 

 

怖くて噛んでしまう犬の噛み癖を治す方法を、知りたいならこちら

山本卓 愛犬しつけ講座 レビューと評価と特典

 

■本日のまとめ

恐怖からくる犬の噛みつき、触ろうとすると噛みついてくる犬を、

再び触ったり、抱っこしたりできるように、

噛みつきを治すことは十分可能です

スポンサードリンク


コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。


*

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL

あなたの応援が励みになります

ポチっと押して私に元気を分けてください。
↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬用品・グッズへ

相談はこちらからどうぞ

教材やブログの内容に疑問がある人、
教材を購入したいけど迷っていたり不安がある人、
この教材もレビューしてほしいというのがありましたら
お気軽にメールしてください。

⇒ のあおに質問・相談する

※原則24時間以内に返信いたします。

レビュー済みペットグッズ&DVD