犬 臭い 体臭 対策

犬の臭い体臭対策して快適な生活を

■犬の臭い体臭対策して快適な生活を

 

ドッグトレーナーの「のあお」です。 

 

 

犬を飼いたいけど、飼わない理由の、トップ10に必ず入ってくる『臭い』。

犬の体臭などの臭いに悩んでいる人は、とても多いです。

 

 

本日は、犬の体臭などの臭い対策について、お話ししたいと思います。

 

 

犬の臭い体臭やにおいはこうやって対策!

いきなりですが、臭い対策を箇条書きで、ずら~と書いていきますね。

 

 

・定期的にシャンプーを行う

・シャンプー後はドライヤーでしっかり乾かす

・体全体が臭うようなら動物病院へGO!

・フードやおやつを変えてみよう

・目ヤニ取りや耳掃除は定期的に行おう

・肛門腺も定期的にしぼりだそう

・排泄後はしっかり陰部や肛門を拭こう

・パグなど顔にしわができる犬種は顔を綺麗に拭こう

・顔の周りの食べカスは綺麗に取ろう

・歯磨きを定期的に

・おしっこやウンチをしたトイレシーツはすぐに片づけよう

・使ったトイレシーツは密閉できるゴミ箱へ

 

 

これだけ行えば、それほど臭いは気にならなくなると思います。

 

 

それでもよっぽど臭い場合は、何らかの病気の可能性もあるので、

動物病院で見てもらった方がいいです。

 

 

それでは、一つ一つ説明していきます。

 

 

定期的にシャンプーを行う

ワンちゃんの臭い対策と言えば定期的になシャンプーです。

 

 

通常は、1ヶ月に1回シャンプーでOKですが、

愛犬の皮膚と被毛の様子でサイクルを決めてください。

 

 

また、夏場は少し洗うペースを上げてOKです。

 

洗いすぎ、洗わなすぎはよくないです。

また、肌の状態によってどの程度洗えばいいかは違うので、

一度動物病院の先生に愛犬を見てもらいながら、アドバイスをしてもらうといいですよ。

 

 

シャンプー後はドライヤーでしっかり乾かす

シャンプーの後はしっかりドライヤーで乾かします。

 

 

生乾きや自然乾燥は、細菌が発生してしまうので

かえって臭いの元になってしまいます。

 

 

シャンプーの後は、しっかりタオルで水分を拭き取って、

ドライヤーで毛の根元や足先まで乾かしましょう。

 

 

ドライヤーで乾かすときのポイントは、

・毛のながれと逆向きに風邪を当て、ブラシを素早く動かす

 (毛が乾いたら、毛の向きにブラシを入れます)

・ドライヤーを一か所に当てすぎない(やけどします)

・最後に冷風を毛の根元に当て、乾いていないところがないか見る

 

 

 

体全体が臭うようなら動物病院へGO!

体全体が臭うようでしたら、皮膚炎の可能性があるので

動物病院で見てもらいましょう。

 

 

フードやおやつを変えてみよう

脂分の多いフードやおやつは体臭の原因となります。

フードやおやつを見直すのも良いですよ。

 

 

ちなみに、私は愛犬にジャーキーや牛皮のガムを、絶対に与えません。

ジャーキーも牛皮も、ものすごく脂(酸化した脂)が含まれているので、

においの原因になるだけでなく、愛犬の健康に害を与えます。 

 

 

目ヤニ取りや耳掃除は定期的に行おう

目ヤニ取りや耳掃除は定期的に行ってください。

 

 

目ヤニが固まって取れない場合は、一度水でふやかすととりやすくなりますよ。

 

 

耳掃除も大切です。

 

特に、ダックスなどの垂れ耳の犬種は、耳の中が蒸れやすく

細菌が発生しやすいので、こまめな耳掃除が必要です。

 

 

トイプードルのような、顔の毛が伸びる犬種は

耳の中も毛が伸びるので、耳の中が蒸れやすくなります。

定期的な耳掃除と耳毛抜きを行いましょう。

 

 

肛門腺も定期的にしぼりだそう

肛門腺はかなり臭いです。

これも定期的(月1回くらい)に絞り出しましょう。

 

 

排泄後はしっかり陰部や肛門を拭こう

陰部や肛門におしっこやうんちがついていると後から臭くなります。

 

 

とくに、おしっこはかなりくさくなるので、排泄後は、陰部、 肛門を綺麗に拭き、

うんちやおしっこがついていないようにしましょう。

 

 

パグなど顔にしわができる犬種は顔を綺麗に拭こう

パグなど顔にしわの出来る犬種は、しわの中が相当蒸れるため、

雑菌が繁殖して臭いにおいを発生します。

 

 

硬く絞った濡れタオルでこまめに優しく拭いてあげましょう。

 

 

顔の周りの食べカスは綺麗に取ろう

口の周りの食べカスも綺麗にとりましょう。

 

 

特に、顔の毛が伸びる犬種は、食べカスが着きやすいので、

食後は綺麗に拭いてあげましょう。 

 

 

歯磨きを定期的に

犬の口の中は相当臭くなります。

 

こまめな歯磨きと、定期的な歯石取りを行いましょう。

動物病院でこまめに見てもらうといいですよ。

 

 

おしっこやウンチをしたトイレシーツはすぐに片づけよう

排泄をした後のトイレシーツは後で相当臭くなります。

 

何度もトイレシーツを使わずに、使用済みのトイレシーツは素早く交換しましょう。

 

こまめなトイレシーツの交換は、犬のトイレの失敗を防ぐ効果もありますよ。

(犬は基本的に綺麗好きなので、汚れたトイレシーツではトイレをしたがりません)

 

 

使ったトイレシーツは密閉できるゴミ箱へ

使ったトイレシーツは、密閉できるゴミ箱へ入れておきましょう。

 

 

密閉できないと臭いがそこから漏れてしまいます。

また、外に置いておくと悪臭が出て、

ご近所トラブルの原因となってしまいます。

 

 

ホームセンターに密閉できるゴミ箱があるので、

その中に入れておけば臭いが出ませんよ。

 

 

 

基本的にこれだけ行えば、愛犬の匂いは相当抑えられるはずです。

 

 

それでも臭い場合は、病気の可能性もあるので、

動物病院で一度見てもらった方が良いですよ。

 

 

愛犬の臭い体臭対策をして、快適なワンコライフを送ってくださいね。

 

 

■本日のまとめ

愛犬の臭い対策は、食事と清潔と病気に気をつけよう

スポンサードリンク


コメント&トラックバック


  1. 犬の臭い体臭対策して快適な生活を http://t.co/Fhp3oGOd

コメントする

※メールアドレスは公開されません。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL

あなたの応援が励みになります

ポチっと押して私に元気を分けてください。
↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬用品・グッズへ

相談はこちらからどうぞ

教材やブログの内容に疑問がある人、
教材を購入したいけど迷っていたり不安がある人、
この教材もレビューしてほしいというのがありましたら
お気軽にメールしてください。

⇒ のあおに質問・相談する

※原則24時間以内に返信いたします。

レビュー済みペットグッズ&DVD