犬 歯磨き

犬の歯磨きは大切です!

■犬の歯磨きは大切です!

 

 

ワンちゃんの歯磨きは大切です。

 

 

本日は、犬の歯磨きについてお話ししたいと思います。

 

 

犬の歯磨きをしないとどうなるの?

歯磨きをしないでほおっておくと、

 

歯に歯垢(しこう)が付く ⇒ 歯垢が歯石になる

⇒ 歯肉炎や歯周炎などの『歯周病』になる 

⇒ 歯を支えている肉や骨がやられて歯が抜け落ちる

 

ということに。

 

 

さらに、小型犬は、あごの骨が折れてしまうことも。

 

 

それだけでなく、歯周病菌やその他の毒素が血管に入り込むと

心臓や腎臓、肝臓や肺にまで到達して、内臓をむしばんでしまうことも。

 

 

このようにならないためには、毎日の歯磨きが大切です!

 

 

歯磨きで歯垢の付着を防ぐことで、

歯石やその後の症状を予防し、歯の健康を守る一番の方法です!

 

 

ついてしまった歯石は、定期的に動物病院でとり、その後の症状悪化を防ぎましょう!

※自分でスケーラーを使って歯石を取ると、歯肉や歯の表面を

 傷つけてかえって歯垢が付きやすくなるそうです。

 

 

歯磨きの仕方

歯磨きの方法を簡単に説明しますね。

 

 

①マズル(口)に触ることに慣れよう!

 まずは、マズルや歯に触ることに慣れさせましょう。

 

 

 マズルに優しく触ります。優しく落ち着かせるように褒めながら触ってください。

 ↓

 少しずつ触る時間をのばします。

 ↓

 触る時間がのばせたら、触る範囲を少しずつ広げましょう。

 ↓

 口をめくって前歯を触ってみましょう。

 ↓

 だんだん奥歯の方まで触っていきましょう。

 

 

 ●ポイントは、いががらない範囲で慣らすことです。

  嫌がらない手前でじっくり慣らし、少しずつ触ることに慣らしていきましょう。

  各段階は何日もかけてゆっくり慣らしてください。

  最初は短い時間から初めてください。

  触れたら、ご褒美としておやつをあげるのもOKです!

 

 

②ガーゼで歯をこすってみよう!

 次は、指にガーゼを巻いて実際に歯をこすってみましょう

 

 

 指にガーゼを巻きます。

 ↓

 前歯を優しく触ってガーゼで触ることに慣らします。

 ↓

 慣れてきたら、少しずつ奥の方も触ってみましょう。

 ↓

 優しく前歯の方をこすってみましょう。

 ↓

 奥歯の方もこすってみましょう。

 

 

 ●ポイントは①と同じで、嫌がらない範囲で慣らしましょう。

  各段階は何日もかけてゆっくり慣らします。最初は短い時間で。

  出来たら褒めてあげましょう。

 

 

③歯ブラシでこすってみよう!

 最終段階として、歯ブラシで歯磨きをしましょう。

 

 

 まずは、歯ブラシの匂いをかがせたり、なめさせたりして歯ブラシに慣らします。

 ↓

 歯ブラシで前歯を触ってみましょう。

 ↓

 歯ブラシで触ることに慣れたら、歯ブラシで前歯を優しくこすってみましょう。

 ↓

 少しずつ奥歯の方まで磨いてみましょう。

 ↓

 奥歯まで磨けるようになったら、歯の内側も磨いてみましょう。

 

 

 ●ポイントは、①、②と同じで、嫌がらない範囲で行うことです。

  各段階は何日もかけてゆっくり慣らします。

  最初は短い時間で。

  落ち着かせるように褒めながら行ってください。

  美味しい味の付いたワンちゃん用の歯磨きペーストを使うのもgood! 

スポンサードリンク


コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。


*

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL

あなたの応援が励みになります

ポチっと押して私に元気を分けてください。
↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬用品・グッズへ

相談はこちらからどうぞ

教材やブログの内容に疑問がある人、
教材を購入したいけど迷っていたり不安がある人、
この教材もレビューしてほしいというのがありましたら
お気軽にメールしてください。

⇒ のあおに質問・相談する

※原則24時間以内に返信いたします。

レビュー済みペットグッズ&DVD