犬を鎖でつないで飼うことの問題点

目安時間:約 7分

■犬を鎖でつないで飼うことの問題点

 

 

ドッグトレーナーの「のあお」です。

 

 

『犬を外でつないで飼っている家庭』。

 

 

田舎に行けばいくほどたくさんこの光景を見ることができます。

 

 

でも、この『犬を鎖でつないで飼う』という行為は

犬にとっていい環境なのでしょうか?悪いことなのでしょうか?

 

 

本日は、『犬を鎖でつないで飼うことの問題点』

についてお話したいと思います。

 

 

闘犬はどうやって育てるのか?

犬を、庭や玄関先で鎖でつないて飼っている家に行ったら

ぎゃんぎゃん吠えられた後、急に噛んで来て噛まれそうになった

という人は少なくないと思います。

 

 

何を隠そう、私も子供のころに、そのような犬に噛まれそうになりました。

 

 

 

話は飛んでしまいますが、皆様はピットブルという犬種をご存じですか?

 

 

ピットブルは、アメリカン・ピット・ブル・テリアの通称で、

土佐犬と同じく闘犬としてとても有名です。

 

 

ピットブルは危険品種として指定している国もあり、

アメリカの幾つかの州やイギリス・ドイツなどでは、飼育が禁止されています。

 

 

日本の土佐犬同様に、飼い主の管理不足から子供や高齢者が

ピットブルに襲われて死亡する事件も起きています。

(アメリカン・ピット・ブル・テリアの詳しい情報はこちら

アメリカン・ピット・ブル・テリア) 

 

 

闘犬となるピットブルは、重い鎖で大きな車輪軸につながれ、

グルグルと歩くことを強要されます。

 

 

こうすることで、ピットブルは、外敵から襲われる恐怖と

逃げれないという精神的な追いこみにより、

極限の恐怖心とストレスを受け、相手を見れば迷うことなく襲うようになります。

 

 

鎖でつないで飼うことの問題点

これからも分かる通り、犬を鎖でつないで飼うことは、

犬にとって多くのストレスと恐怖心を与え、

攻撃性だけでなく多くの問題行動の原因となります。

 

 

まず、玄関や庭は、郵便屋さんや新聞配達の人、通行人などが多く通ります。

 

 

犬には縄張り意識があるので、知らない人が

常に縄張りに近付いたり、侵入してきたりすることになります。

 

 

そうすると、犬は、いつ誰が縄張りに入ってくるかわからないので、

24時間、恐怖と闘いながら、常に神経を研ぎ澄ませて

周りを注意していなくてはなりません。

 

 

これだけで犬にとっては過大なストレスがかかっています。

 

 

さらに、犬は恐怖を感じると、『逃げる』か『攻撃する』かのどちらかを選択します。

 

 

けれど、玄関につながれている犬は、

『逃げる』を選択出来ないので、『攻撃する』を選びます。

しかも、逃げる範囲もせまいので、犬の恐怖心はより大きくなります。

 

 

これは、鎖が長ければいい、動ける範囲が広ければいいというわけではなく、

逃げることができないということが問題です。

 

 

そのため、犬は攻撃性が増し、

人など近付くものに対して噛みつくようになってしまいます。

 

 

まずは、近付く犬に対して吠えなどの威嚇を行い、

さらに近付く犬には攻撃をするようになります。

 

 

どんなにお利口で大人しい犬でも、鎖などでつないで飼うと

攻撃性のある犬になってしまうと言われるくらいです。

(そのほかにも、鎖でつないで飼うと色々な問題を起こします。

「犬をつないで飼うこと」の問題点を考える――米国に見る「つなぎ飼い」規制の動きから

 

 

犬がストレスなく過ごすにはどうやって飼えばいいの?

では、どうすればよいのでしょうか?

 

室内で犬を飼っているのでしたら、犬のハウスを用意して、

玄関や廊下以外の外部から刺激を受けないところに設置します。

 

 

外で飼っているのでしたら、 頑丈なサークルで囲いをつくり(出来れば天井付き)、

犬を鎖でつながずにその中で飼います。

 

 

そして、外からの刺激が犬にあまり見えないように、

板などでついたてをすると、より良いです。

 

 

犬を鎖などでつないで飼うことは問題行動を起こすだけでなく、

人にとっても危険であり、犬にとっても大変残酷な環境です。

 

 

このサイトの読者様にはいらっしゃらないとは思いますが、

もし周りで犬を鎖でつないで飼っている人がいらっしゃいましたら、

人への危険性と、犬のことを考えた飼い方を教えていただければと思います。

 

 

注意すると角が立つので、「こうやって飼うと犬の問題行動も減って、

犬も飼い主様も安全に過ごせるようになりますよ」

って言ってあげれは良いかと思います。

 

 

犬の安心できるハウスは、藤井聡さんのしつけDVDや

購入者限定サイトで詳しく説明されています。

藤井聡の犬しつけ方法 レビューと評価

 

[box_b]

■本日のまとめ

犬を鎖でつないで飼う飼い方は、犬にとっても大変辛い環境であり、

人にとっても危険が多い飼い方です。

[/box_b]

スポンサードリンク


スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

*

トラックバックURL: 
噛み犬に特化したDVD
山本卓 愛犬しつけ講座
犬の噛み癖を治すならこのしつけDVD。

愛犬しつけ講座
サイト内検索
人気ブログランキング
応援ポチ お願いします♪
人気ブログランキングバナー
こちらもお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬用品・グッズへ
カリスマ訓練士しつけ教材
藤井聡 犬しつけ方法
深い信頼関係にもとづく上下関係を築くことができるしつけ法

犬のしつけ方法
愛情で包み込むしつけ法
森田誠 愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法
穏やかで落ち着きのある良い犬に育つしつけ法

愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法
プロフィール
運営者:のあお
のあお
⇒詳しいプロフィール
本日の人気記事
カテゴリー
おともだち

ページの先頭へ