森田誠 藤井聡 DVD 主従関係

【森田誠】【藤井聡】さんのDVDに学ぶ主従関係とは?

■【森田誠】【藤井聡】さんのDVDに学ぶ主従関係とは?

 

 

「犬は主従関係が大切だ!」

「主従関係なんてもう古い!今は信頼関係だけだ!」

 

 

今、しつけ業界で起きている主従関係事件!

犬にとって主従関係は本当に関係ないのでしょうか?

 

 

そして、この主従関係は、

『飼い主が犬を支配する』

という意味なのでしょうか?

 

 

犬のしつけで有名で実績のある『森田誠さん』、『藤井聡さん』の言う

主従関係を説明したいと思います。

 

 

 

主従関係は犬を上から支配すること?

犬との主従関係というと、

『犬を抑え込んで人よりも下位にする』

と思っていませんか?

 

 

それで、犬を下位にするために、

力(叱ったち、首に強い力でショックを与えたりする)を使ったり、

おやつやおもちゃを使って『すわれ』や『待て』を教えたりする

と思っていませんか?

 

 

森田誠さんも、藤井聡さんも、主従関係は大切と言っていますが、

二人の考えている主従関係はこれと違います。

 

 

本当の主従関係とは?

森田誠さんや藤井聡さんが考える主従関係とは、

飼い主がリーダーシップを取ることで

犬が人を信頼し自然と人に従うようになる

ということです。

 

 

犬を下位に下ろすのではなく、

飼い主が上位に上がることで、主従関係を築くというものです。

 

 

飼い主様と犬が本当の主従関係を築くために、

藤井聡さんはDVDの中で

藤井さん流のリーダーウォークとリーダー的接し方・態度を、

森田誠さんはDVDの中で愛情での受け止めと〇〇を行います。

(ノウハウの部分になるので、伏せさせていただきました。)

 

 

森田誠さんのお言葉を借りると、

『愛犬と豊かに暮らす法』のDVDの中で

主従関係というのは、相手がその人を信頼してついていこうと決めたとき、

相手が勝手にその人の下の地位についてくるのです。

このように進んでいくことが本当の主従関係だと考えています。

 と言っています。

 

 

人の社会でいえば、

『頼りがいがあって、信頼できる上司に部下が慕ってついていく』

と言ったところです。

 

 

主従関係とは、力技で犬を下位に落とすのではなく、

人がリーダーシップをとり、信頼でき、頼れる存在と思われることで

犬が自然と人に従うようになることなんですね。

 

 

【森田誠】【藤井聡】さんのしつけDVDの詳しい内容はこちら

レビュー済み教材一覧

 

■本日のまとめ

犬のしつけに主従関係は大切です。

主従関係とは、人がリーダーシップを発揮し、

犬にとって信頼でき頼れると思われることで

犬が自然と人に従うようになることです。

スポンサードリンク


コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。


*

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL

あなたの応援が励みになります

ポチっと押して私に元気を分けてください。
↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬用品・グッズへ

相談はこちらからどうぞ

教材やブログの内容に疑問がある人、
教材を購入したいけど迷っていたり不安がある人、
この教材もレビューしてほしいというのがありましたら
お気軽にメールしてください。

⇒ のあおに質問・相談する

※原則24時間以内に返信いたします。

レビュー済みペットグッズ&DVD