犬 トイレのしつけ トレーニング方法

のあお犬ブログ~しつけDVD&グッズぶった切り » 犬のしつけ » 犬のトイレのしつけ~失敗しないトレーニング方法教えます

犬のトイレのしつけ~失敗しないトレーニング方法教えます

■犬のトイレのしつけ~失敗しないトレーニング方法教えます

 

 

ドッグトレーナーの「のあお」です。

 

 

犬を飼い始めて多くの人がぶつかる最初の壁。

それは『トイレのしつけ』だと思います。

 

 

というわけで、本日は、失敗させないトイレのしつけ方法をお話したいと思います。

 

 

トイレのしつけが失敗する原因は?

通常、トイレのしつけといえば、犬がくるくる回ったりして

おしっこしそうになったらトイレシーツのある場所へ連れて行き、

上手に出来たら褒めるという方法だと思います。

 

 

この方法は基本的には正解です。

けれど、この方法だけでは、完全に覚えるまで、失敗の回数が多くなってしまいます。

 

 

その原因は、

・常に監視しているのが無理

・くるくる回り始めたときには手遅れな場合が多い

です。

 

 

いくらトイレのしつけだからと言っても、

犬を常に監視しているのは現実的に不可能です。

 

 

また、くるくる回り始めのときなら

トイレに連れて行くだけの時間がありますが、

ちょっと連れて行くタイミングが遅くなってしまうと、

間に合わなかったり、連れて行く途中で排泄してしまうこともあります。

 

 

つわものになればくるくる回ることなくおしっこしてしまう犬もいます。

 

 

では失敗させないようにするにはどうすればいいでしょうか?

 

 

犬のトイレとハウスの習性

今から、失敗させない方法を説明します。

と、その前に、まずは犬のトイレやハウスについての習性の話を。 

 

 

犬はかつて、

・横型の巣穴で生活していた

・巣穴の中では排泄をしない

・排泄は巣穴から遠くでする

という習性があります。

 

 

犬は元々、体全体が囲まれる横型の巣穴で生活していました。 

いまでも、犬が落ち着いて休む場所が、部屋の隅だったり、

ハウスの中だったりと周りが囲まれている場所を選ぶのは、

この習性が大きく関わっています。

 

 

排泄は巣穴の中ではせず、なるべく巣穴から遠くでしていました。

これは、巣穴の中ですると匂いで敵に居場所が見つかる可能性が高くなったり、

巣穴の中が汚れてしまうと病気が発生してしまう原因にもなったりするからです。

 

 

子犬の排泄は母犬が舐めて綺麗にしていました。

 

 

この習性を利用すればトイレのしつけは上手にできます。

 

 

失敗しないトイレのしつけ方

では今度こそ、失敗しないトイレのしつけ方法を説明します。

 

 

その方法は、

 

クレート、サークルを準備する。

サークル全体にトイレシーツを敷く。

設置場所はハウス(クレート)から出来るだけ遠くにする。

何もしていない時や、飼い主様が見ていることができない時は

クレート内で犬を休ませておく。

数時間たったら犬をクレートから出す。

このとき、まずトイレシーツを敷いたサークルに連れていく。

排泄をしたら褒めたりおやつをあげる

その後、サークルから出し、しばらく遊んであげたり、自由にさせたりしておく

ある程度たったらクレートに戻して休ませる

トイレを覚えてきたらサークルをだんだん小さくしていって

最終的に飼い主が望む大きさにする

最後はサークルをなくす

 

この方法なら高確率で成功させることができます。

 

 

サークル内は、いっぱいにトイレシーツが敷いてあるので

絶対にトイレシーツの上で排泄をします。

また、周りはサークルで囲まれているので、トイレシーツ以外ですることもできません。

ずっと見ている必要もありません。

 

 

もともと、ずっと監視できないのに、犬を自由にしているのが原因で

いろんな所でおしっこしていたので、監視していなくてもトイレシーツの上で

おしっこ出来るようにすればいいのです。

 

 

また、クレートなどのハウスを用意するのを嫌がる人もいますが、

犬にとっては、誰にも邪魔されない心から安心できる場所を

一つ作っておくことは大切です。

 

 

安心できる場所があれば、質の良い睡眠もとることができて

しつけや訓練の効率も良くなります。

(睡眠について詳しくはこちらをごらんください

 ⇒犬の睡眠はどうなっているの?睡眠はしつけと関係ある!?

 

 

 

トイレのしつけのポイント

トイレトレーニングのポイントとしては、

 

・トイレシーツを敷くサークルの広さは犬がある程度動きまわれる広さにする

・クレートからサークルまで連れて行く時は、最初は抱っこでOKですが、

 覚えてきたら歩かせて連れていく

・遊びたくてトイレシーツを敷いたサークル内で排泄しない場合は、

 飼い主様はしばらく別の部屋に移動して、犬が排泄に集中できるようにする

・寝起き、食後、運動後、水を飲んだ後は排泄をしやすいので

 このタイミングで連れて行く

 

です。

 

 

後は、排泄中に「トイレ・トイレ」や「ワンツー・ワンツー」などの

号令を言ってあげれば、トイレを覚えた後はその号令を言うだけで

排せつするようになりますよ。

 

 

万が一、別の場所でしてしまったり、

サークル内のトイレシーツがずれておしっこがこぼれてしまったりしても

決して怒らずに、無言で片づけをしてください。

かたずけは、おしっこをふき取って、しっかり消臭です。

 

 

ちなみに、サークルは犬がトイレシーツのないところで

排泄しないようにするための囲いなので、

サークルを買うのがもったいないという人は、

サークルでなくても囲えればなんでもいいです。

 

■今日のまとめ

トイレのしつけは、トイレシーツの上で必ずできるように工夫しよう

 

編集後記

こんにちは。のあおです。

 

 

本日もご愛読誠にありがとうございます。

今回のお話はいかがだったでしょうか?

 

 

今回のテーマは「失敗しないトイレのしつけ方」です。

 

 

私も、最初は愛犬のトイレのしつけに困っていました。

 

 

その時は、上で説明した方法を知らなかったので、

部屋いっぱいにトイレシーツを敷いて教えていました。

 

 

6畳の部屋いっぱいにトイレシーツを敷き、

愛犬と一緒にトイレシーツの上でしばらく生活していました。

 

 

で、愛犬が覚えてきたらだんだんトイレシーツを小さくしていきました。

 

 

もう覚えたかなって思ってトイレシーツの範囲を小さくすると、

時々失敗するのでまたトイレシーツの範囲を広くして

覚えてきたらまた小さくしての繰り返しでした。

 

 

まさに3歩進んで2歩下がるといった感じだったのを覚えています。

 

 

これからトイレトレーニングをする方は

万が一失敗してしまっても悲観的にならずに

「まぁ、たまにはしっぱいするわな」

ってくらいで考えて行っていってください。

 

 

成犬などのある程度年齢を重ねた犬の場合は、なかなかトイレシーツの上で

排泄をしないなど少し根気が必要になるかもしれませんが、

根負けせずにがんばってください。

 

 

犬はみんな賢いですから、必ずトイレを覚えてくれますよ。

 

スポンサードリンク


コメント&トラックバック


  1. 犬のトイレのしつけ~失敗しないトレーニング方法教えます http://t.co/2eRlArAr


  2. 犬のトイレのしつけ~失敗しないトレーニング方法教えます http://t.co/2eRlArAr


  3. のあお様、初めまして。
    非常に分かりやすいおしっこのしつけです。
    ぜひやってみたいと思います。
    ただ、我が犬はおしっこシートで遊んで噛みちぎってしまいます。
    サークルは多少歩き回れる大きさが必要だと思いますが、そんな大きなシートはなく、どうしたらよいかと悩んでいます。
    良い方法などありましたらよろしくお願い致します。


    • 山田様

      初めまして。のあおです。

      お返事大変遅くなり、申し訳ありません。

      トイレシーツで遊んでしまうということですが、メッシュのカバーがついたトイレトレイをたくさん買い、それを並べるようにすれば、遊ぶということを回避することができますよ。

      ただ、これだとお金がかかってしまうので、100均などで鉄製の網(サークルみたいなやつ)を買ってきて、それをトレイシーツの上に載せて代用しても良いかと思います。

      ほかにも、いくつか方法はありますが、100均で網を買ってくるのが一番お手軽かと思います。

      ぜひ試してみてください。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。


*

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL

あなたの応援が励みになります

ポチっと押して私に元気を分けてください。
↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬用品・グッズへ

相談はこちらからどうぞ

教材やブログの内容に疑問がある人、
教材を購入したいけど迷っていたり不安がある人、
この教材もレビューしてほしいというのがありましたら
お気軽にメールしてください。

⇒ のあおに質問・相談する

※原則24時間以内に返信いたします。

レビュー済みペットグッズ&DVD