犬をしつけることは何の意味があるの?

目安時間:約 4分

■犬をしつけることは何の意味があるの?

 

 

犬のしつけることは、何の意味があるのでしょうか?

犬のしつけについて、説明したいと思います。

 

 

 

犬のしつけは何のためにするの?

犬のしつけの目的は、

 

①人の社会で生活する上でのルールを教えること

②人とワンちゃんが深い信頼関係で結ばれること

③飼い主がワンちゃんのリーダーとなることで、

 ワンちゃんの精神的安定と社会性を促すこと

④飼い主がどんな時でもワンちゃんをしっかりコントロールできること

 

です。

 

 

犬は、飼い主様が信頼できるリーダーとなり、深い信頼関係で結ばれると、

精神的もに安心して暮らせるようになります。

 

 

逆に、犬は、信頼できるリーダーがいないと、

群れ(家族)を守るために、常に周りを注意し続ける必要があります。

 

 

そうすると、犬は強いストレスを受け続けることになります。

強いストレスを受け続ければ、病気の原因になってしまいます。

 

 

 

また、睡眠もしっかり取ることができないので、

しつけや訓練の効率も、著しく低下してしまいます。

(参考:しつけと睡眠の関係

 

 

犬をしつけることは、飼い主様のためにも、愛犬のためにもとても大切です。

 

 

しつけと訓練は違います

細かい話ですが、しつけと訓練は違います。

 

 

辞書で調べてみると、

 

しつけ・・・子供などに礼儀作法を教えて身につけさせること。

      また、身についた礼儀作法。

訓練・・・あることについて教え、それがうまくできるように

      技術的・身体的練習を継続的に行わせること。

 

とあります。(大辞林より)

 

 

なので、犬のしつけと訓練で考えると、

 

しつけ・・・人間社会で暮らすためのルールを教えることなど(上記①~④)。

訓練・・・「スワレ」や「フセ」などの命令を教え、うまくできるように

      練習を行わせること。

 

というふうな違いになります。

 

 

躾と言うと「座れ・伏せ・待て・来い・つけ」などを教えることと

思っている人が多いですが、

訓練は、愛犬との上下関係・信頼関係を築くため、又は、

犬をコントロールするための道具のひとつです。

 

 

しつけのポイント

しつけのポイントは、

 

①犬にとって信頼できるリーダーになる

②信頼されるリーダーになる接し方をする

③一貫性を持つ 

 

という点です。

 

 

ワンちゃんのしつけは何歳からでも可能です。

1才からでも10才からでも大丈夫です。

 

 

今、ワンちゃんを飼っている人は本日から、

これからワンちゃんを飼う方は、家に向かい入れた日から

ぜひ犬のしつけしてください。

スポンサードリンク


スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

*

トラックバックURL: 
噛み犬に特化したDVD
山本卓 愛犬しつけ講座
犬の噛み癖を治すならこのしつけDVD。

愛犬しつけ講座
サイト内検索
人気ブログランキング
応援ポチ お願いします♪
人気ブログランキングバナー
こちらもお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬用品・グッズへ
カリスマ訓練士しつけ教材
藤井聡 犬しつけ方法
深い信頼関係にもとづく上下関係を築くことができるしつけ法

犬のしつけ方法
愛情で包み込むしつけ法
森田誠 愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法
穏やかで落ち着きのある良い犬に育つしつけ法

愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法
プロフィール
運営者:のあお
のあお
⇒詳しいプロフィール
本日の人気記事
カテゴリー
おともだち

ページの先頭へ